« 2011 カレンダー | トップページ | 働き者・怠け者 »

忌野清志郎

イマジンをカヴァーしたアーティストは、たくさんいると思う。

私の知る限りで最も沁みるのは、清志郎。

~ジョン・レノン音楽祭2007 Dream  Power 

ジョン・レノン スーパー・ライヴ at 日本武道館 (2007.12.8)~

収録のDVDは

【ブルーノートブルース忌野清志郎LIVE at Blue Note TOKYO】

優しすぎる。

  ♪ ほら ここにいるぜ

Img_4217_convert_20101206100453

« 2011 カレンダー | トップページ | 働き者・怠け者 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。清志郎さんのこと書かれていたので寄らせていただきました。
清志郎さんのイマジンの最後の薄着で笑っちゃうってどういう意味なのかご存知ですか。
イマジンにそういう歌詞なかったと思うので
いつも不思議に思って、でもなんだか曲としては
いいリフレインに入って浸って聞いていたのですが。

あと清志郎さんの番組が年末にあります。また感想など教えて頂けると幸いです。それでは失礼します。
http://www.up-down.com/020chabo/02150news/hotnews.html#KOR

僕らは薄着で笑っちゃうさんへ

おはようございます!
清志郎さんの歌でつながることが出来て、本当に嬉しいです。

あのフレーズについてですが、RCサクセションに
「窓の外は雪」という一曲があり
その歌詞の最後が
「僕らは薄着で笑っちゃう」のリフレインです。

これは私の解釈ですが
「窓の外は雪 とても寒いけど 
彼女と抱き合えば とても暖かい」
・・・だから薄着で寒くても、笑えるぜ!

その気持ちを世界に向ければ、物や金で争うことなく
人が人をハッピーに出来るのではないか・・・
との意味で「イマジン」に入れたのかな
そんな風に考えています。

私も同じで、意味が?でも、浸れればOKで聴いています。

年末の番組についてお知らせ下さってありがとうございます。
絶対見ます!
僕らは薄着で笑っちゃうさんのご感想も、是非聞かせて下さいね。

ありがとうございます。
めちゃくちゃ深い話でさすがです。
恐れい入りました。
そうだったのか・・・

薄着でわらっっていいさんへ

おはようございます!

人それぞれの受取り方があっていいですよね。

「窓の外は雪」初期の作品で、音源も少ないようです。

清志郎さんの人柄を考えますと
難解だったり、一部の人にしか分からない
作詞をしたとは、あまり想像出来ません。

聴いて感じるままに・・・
それが全てさ
と、あの笑顔でまた言って欲しいですね。


この記事へのコメントは終了しました。

« 2011 カレンダー | トップページ | 働き者・怠け者 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ