« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

十戒 元祖と犬と猫


元祖は 『旧約聖書』 出エジプト記 第20章

・・・らしい。

Img_6970_convert_20110130070712


こちらの方面は全く疎い私。

関心があるのは、犬の十戒と、猫の十戒。


犬の十戒にはスタンダードがあり

最近、可愛らしいイラストとメロディー付きの

こんなページを見つけた

http://www.kunitayoko.com/dog_ten_commandments.html

クリックで たなかゆうこさん くたにようこさん

両氏によって作製された 犬の十戒へ

再生時間は八分ちょっと。

もうすぐ春、犬猫の繁殖シーズンを迎える。

今の内に、ゆっくり見直したいと思う。

 

   出番が     少ない・・・

Img_6343_convert_20110130071604


私の探した範囲で、猫の十戒に

決定稿は見当たらず、飼い主オリジナルが幾つか。


岩田 麻美子さん(東京都動物愛護推進員)

が書かれたものを下敷きに

うちに当てはめるとこんな感じか。

  

  聞こうじゃないの!

Img_6707_convert_20110130071043


① 汝、読んでいる新聞の上に乗ってきて

  自分に注意を引くことなかれ

 

  どかせるもんならやってみ!

Img_7048_convert_20110130070633


② 汝、自分に都合の良いことだけを

  学習することなかれ

  

   賢いっ!

Img_6706_convert_20110130071141


③ 汝、カーテンに登るには体重が重過ぎることに気付くべし

  

   いや・・・イケる気がする!

Img_7041_convert_20110130070555

 

④ 汝、トイレ砂をかける時は、モノが隠れるようにするべし

   

    イチイチ見んな!

Img_6616_convert_20110130071318


⑤ 汝、TVやエアコン・空気清浄機のスィッチを

  勝手に入れたり切ったりするべからず

    

    だって寒いんだもん!

Img_6678_convert_20110130071233_2


⑥ 汝、自分が蹴り落とした物の音でパニックになることなかれ



退屈な日常にスパイスは必要でしょ?

Img_6833_convert_20110130070950_2 


⑦ 汝、朝の四時から運動会を始めることなかれ

 

 血が騒ぐのはしょうがねぇんだよ

Img_7074_convert_20110130070248


⑧ 汝、寝ている人間の胸に乗って

  悪夢を見させることなかれ

 

  二匹乗っても     大丈夫!

Img_6275_convert_20110130071702


⑨ 汝、たまには猫の手として役に立つべし

    

    邪魔ならいくらでも

Img_6597_convert_20110130071402_2 


⑩ 汝、ついチョッカイを出したくなるような

  無防備な寝姿を見せるのは、ほどほどにするべし

   

    寝る子と書いてネコ

Img_6984_convert_20110130070757


来月から、更新が不定期に。

Img_7055_convert_20110130070325


またすっとぼけた写真で

Img_7056_convert_20110130070405


お目にかかります。

Img_7057_convert_20110130070444

    

     to be continued

Img_7060_convert_20110130070519


【 出演 】

 黒い犬

 茶色の犬

 アメショ柄

 茶トラ

 サバトラ

 白いの

 黒ブチ

 三毛

 

風呂猫スタジオ

写真の構図についてアレコレ調べていたところ

出会ったのがこちら

http://202.191.113.238/bk/bk_photo.html

クリックで 板東寛司・風呂猫スタジオ 

なごみ猫写真術に、アドバイスがびっしり書かれている。

可愛い写真に惹かれて、どんどん読める。

 

Img_6290_convert_20110127144104 

・・・またヒートアップして私の髪を標的にする「白いの」。

鼻の頭が真っ赤でそうとう興奮状態。

飲み込まないよう取り押さえたらこんな顔

構図云々以前の問題。



ペット撮影については、猫の情報が多いように感じる。

翻って書籍の分野では、犬の方がやや優勢だろうか。

Img_7162_convert_20110129113620

子犬のカイがやって来て

清野恵里子・文  スソアキコ・絵  幻冬舎


正に

「犬に笑い、犬に泣き。」

犬との暮らし、喜びと悲しみ

楽しさと苦労

短い文章にギュギュッと詰まった一冊。

香りと記憶

先日、苺は春の香り・・・と書いていて思い出した。

数年前、ディメーターという名のコロンが流行った。

http://www.fits-japan.com/demeter/

クリックで公式サイトへ

ケミカルな、香りというよりも、匂い。

立ち寄った店頭では、面白グッズとして紹介されていた。

使用する事は無いと知りつつ、気になり数種類手にした。

Img_6760_convert_20110128121414

惹句

Img_6762_convert_20110128121507 

観賞用にも適していない瓶

Img_6759_convert_20110128121545

「香りと思い出」の結びつきを

ダイレクトに商品化した手法に

まんまとやられた。

ラインナップは

ピュアソープ

シオカゼ

ジンジャエール

ジン&トニック

ビトウィーン・ザ・シーツ

ランドリー

ウィスキータバコ

変り種としては

ダート

フューネラル・ホーム

なんて物まで、山ほど出ていたのを覚えている。



人間は認知の大部分を視覚に頼っているという。

それでも香りと記憶は相当繋がっている。

認知のほとんどを、嗅覚に頼っている犬の世界とは

一体どのようなものなのか、理解できずとも想像したくなる。


その一助となるのが

「 犬の愛に嘘はない 」 ジェフリー ・M・ マッソン

翻訳 古草秀子 河出文庫


人間の夢に飼い犬が現れるように

犬の夢にもまた、飼い主が現れていることだろう。

犬が夢で見る飼い主は

姿形ではなく、匂いとして登場するのでは・・・

との仮説に、驚きと納得が半々。


犬の感じている、自分の匂い

知りたいような、怖いような・・・ 

   

   猫の夢にも

Img_5942_convert_20110125092310

  たまに出てくる! かも?

Img_5954_convert_20110125092157

「好き」が大事


写真家 → 登山家 → 作家 へと飛んだ回想 



今週も写真家・中井精也さんの番組を見た。

今回は予備知識があったので、落ち着いて楽しむ。

とにかく印象的なのは、中井氏の嬉しそうな様子。

鉄道風景撮影の喜びを、満面の笑顔でストレートに表している。

プロだし、番組だし、立派な仕事なのだけれど

「とにかくもう、撮ることが楽しくてしょうがない」

と云う空気が伝わって来る。



やりたい事をやる人、で思い出すのは

クライマー・山野井泰史さん。

http://www.evernew.co.jp/outdoor/yasushi/yasushi1.htm

クリックでプロフィールページへ。

山野井夫妻を描いたドキュメンタリー

「凍」 沢木耕太郎 新潮社

を読んでから、非常に気になる人。

ブログ山野井通信は月に一回程度の更新だが

まだ無事でいることを確認し、安堵する。



登山ノンフィクションで今でも読み返す

「 みんな山が大好きだった 」 山際淳司 中公文庫

Img_6849_convert_20110128121634

この本は当初 「 山男たちの死に方 」 というタイトルだった。

発売後に登山家・長谷川恒男氏が遭難。

本の再版にあたり、著者の強い意向で

「 みんな山が大好きだった 」 と改題された。

山際氏が存命だったなら、山野井夫妻をどう描いただろう。

読んでみたかった。




以下は写真のホワイトバランスについてです。

興味のある方は続きをご覧下さい。

     今回は出番なし

Img_6145_convert_20110127144022

続きを読む "「好き」が大事" »

春よ来い


たまには地元の話題を。

真冬の北海道で育まれる

「 釧路産 丹頂いちご 」

Img_6294_convert_20110126065337


昨年の猛暑の影響で

例年より一ヶ月遅れで収穫が始まった。

遅れた分、大粒になった品が店頭に並ぶ。


糖度は正直なところ、特別高くはないと感じる。

毎年芳香を楽しみたくて手にとる。


酷寒の東北海道

この香りに触れると

「 春は来るぞー 」 と励まされる。



    あ イチゴだ

Img_6242_convert_20110126065256

        
 

     
練乳?   牛乳?
 

Img_6239_convert_20110126065210

情緒の分からんヤツらめ・・・でもちょっとかけたい。

松本英子

猫の登場する漫画には、傑作がいっぱい。

今回は、その中でも知名度の点でハンデがありそうな一冊を。

「 ウチのハナちゃん 」 松本英子 日本出版社

やり放題の三毛猫ハナちゃんと、それを見守る母娘の

何気ない日常が、しんしんと可笑しい。


☆.*・゜・*:.。.:*・゜・*.☆.*・゜・*:.。.:*・゜・*.☆.*・゜・*:.。.:*・゜・*.☆.*・


松本氏は、様々な角度から見た猫を描き分ける。

私も見習って、いつもと違う方向から撮影。



寄る

Img_5971_convert_20110125155254



見下ろす

Img_6054_convert_20110125155335



ギリギリまで寄る

Img_6207_convert_20110125155459

     よく

Img_6184_convert_20110125155541

    飽きない

Img_6183_convert_20110125155617

     ねぇー

Img_6182_convert_20110125155655

変顔のおかげで飽きません。

缶短クッキング

よくお邪魔するブログで

食べるラー油の活用法が紹介されていた。

納豆に混ぜたり、胡麻ダレに入れて湯豆腐と食べたり

皆さんの工夫に 「なるほど!」

創意次第でいろいろ楽しめると知る。

ちょうど手にした ビッグコミックオリジナル2月5日号に

こんなレシピが出ていた。

【 コーン缶アレンジおつまみ 】 伊豫利恵氏

*,‥,
:1:  コーンとバターをフライパンで炒める      
‘‥' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

*,‥,
:2 : 炒めたコーンを三等分し、それぞれを      
‘‥' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

*,‥,
:3:  粒マスタード・食べるラー油・ゆず胡椒で和える 
‘‥' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『 トリプルおつまみコーン 』 の出来上がり

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
 
 □  《 材料 》
 
 □  コーン缶 ・ ・ ・ 180g
 
 □  バター ・ ・ ・ 1かけ
 
 □  粒マスタード ・ ・ ・ 小さじ1 

 □  食べるラー油 ・ ・ ・ 小さじ1/2

 □  ゆず胡椒 ・ ・ ・ 小さじ1/2
 
 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 
 

☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.




コーン缶をゴソゴソ探していたら、暮に貰った

お惣菜缶詰を発掘。

えーと何だっけ

にしん・・・

たらこと昆布・・・

かぼちゃと小豆・・・

ここで ハタ! と気付く

Img_5757_convert_20110124094137

    つまみはあるが

Img_5813_convert_20110124094213

     
    米が切れそうじゃ

Img_6005_convert_20110125053528

一ヶ月は使いたい

この窓は通りに面しているので、レースカーテンは必需。

毎度6匹の猫が爪を立てるので、すぐダメになる。

新たに吊り下げた物も・・・

      たーげっと

Img_5303_convert_20110123085439

         ろっく

Img_5002_convert_20110123085516

       おん!

Img_4963_convert_20110123085557

        この

Img_5385_convert_20110123085634

        挑戦状

Img_5412_convert_20110123085934

     しかと

Img_5411_convert_20110123085733

             受け

Img_5433_convert_20110123085812

            とめたぁーっ!

Img_5432_convert_20110123085856

振り返れば、こっちも

        ・・・取れなくなった・・・

Img_5410_convert_20110123090111_2 

   風前のともし火

Img_5350_convert_20110123090203

My Sony Club 写真塾 ペット編

https://msc.sony.jp/member/enjoy/photo/series/20101227/

始まったばかりだが 

講師のコメントやアドバイスがとても親切。

講師チームは 藤城一朗さん、八二一さん、ERIさん。

今回は Vol.1 ペット目線で撮ろう!

カメラマンの個性が出ていて面白い。

次回以降も期待大。

けっこう伸びる


ウチの犬は胃弱気味。

フードだけでは胸焼けがするようで

獣医師と相談の上、時々葉物を与えている。

    

        青物を
    よこせ!

Img_4657_convert_20110121130317


中でも好物は、大根の葉・茎。

でも大根って、そう毎日買う物でもなし

鮮度保持&増量狙いで

Img_4640_convert_20110121102052

水につけて育てている。

       

        超安上がり!

Img_4340_convert_20110119100908


子供の頃、大根葉は収穫時のまま

ワサワサついて売られていた。

炒めたり、おひたしだったり

副菜の一つになっていた記憶がある。

今はカットされたものばかり。

沢山あっても困るが、ちょっと勿体無い気もする。


☆.。.:*・°☆──────────────────☆


犬の登場が少ないブログなので

ここぞとばかりに入れてしまう。



【 犬を飼うってステキです ─── か? 】


「犬を飼おうか迷っていて・・・」

と相談されることがある。

いい加減な受け答えは出来ない。

一緒に迷う。

散々ウンウンうなって、でもそれだけじゃイカンから

私の知る中で最も読みやすく、心に響くパンフレットを紹介。

「ご家族全員でじっくり読んでみて」

これ以上のアドバイスは、今のところ見つかっていない。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

クリックで東京都福祉保健局の動物愛護読本へ

表紙右下の〝次のページへ〟で先へ。

自身でもたびたび開き、犬との生活を振り返っている。

フランダースの猫

諸事情により、起床時間が早い。

短時間でも、午睡がとれると嬉しい。

先日もアレコレすっ飛ばし、昼寝時間を確保。

横になると妙に暑い。暖房のかけ過ぎか。

ピピッと下げ、ZZZ・・・夢も見ないで寝る。

15分後、アラームで起きると



寒いわ・・・
     私達ダメかも・・・

Img_4299_convert_20110121144554_2 


えええーっ!そんなに?



もう疲れたよ・・・
   パトラッシュ・・・

Img_4288_convert_20110121144638


慌てて急速暖房ON!


そして温度計チェック!

Img_4732_convert_20110121144843

・・・充分じゃないっスか・・・

      

               人間騙すなんざ

Img_4492_convert_20110121144713

   

         チョロイ♪

Img_4728_convert_20110121130410

露出補正を試す

1/18 ISO感度と明るさについて試した。

今回は露出補正にチャレンジ。

「黒い物は黒く、白い物は白く」

撮るための機能だったっけ・・・程度の認識。


白い被写体にはプラス補正

黒い被写体にはマイナス補正が基本のよう。


白い毛がくすむとか、黒い毛が褪せた色になるなど

動物を撮っていると、しばし直面する問題。



【 自然光のケース 】

補正なし

日当たりの悪さを忠実に反映

Img_4571_convert_20110119133452


プラス補正後

これが不動産広告なら相当問題があるだろう

Img_4572_1_convert_20110119134347


毛のくすみは解消されたが

同時に窓外も明るくなっているので

どちらが良いとは云えない。

求めるイメージによって

何を優先するか決めて下さいってコトですな。



【 蛍光灯下のケース 】

マイナス補正後 

やたらドラマチック。松本清張風?

Img_4379_convert_20110119100620


補正なし

見慣れた写真。

Img_4381_convert_20110119100704


プラス補正後

美容関係の 『使用後写真』 を連想する

Img_4382_convert_20110119100748


黒色が冴えるのはマイナス補正時。

見やすいのはプラス補正時だろうか。



面白いのは、ISOで明るくした場合と異なり

拡大にも結構耐える点。

PC上で見るだけなのか

拡大印刷するのか

写真の用途によって使い分けが必要かも。



つくづく、オートは良く出来ていると思う。

大抵のシーンで使え、大きな失敗が少ない。

れでもなお

「もうちょっと何とかならんのか」 

と物足り無さを感じる私

試行錯誤は続くのだった。

中井精也

1/19 夜7時 BS-TBS 

「にっぽん鉄道写真の旅 郷愁・秩父編 

ゆる鉄 中井精也 癒しの写真」

偶然つけたTV、お顔に見覚えが。

いやでも私、鉄道不案内で接点が無い。

しばらく考えて、ハッ!と気付いた。

「ココログトップページに出ているあの方だ!」

急に親しみを覚え番組に没頭する。

時刻表もまともに読めず、鉄道写真にも関心がない。

鉄分の少ない私だが、中井精也氏の写真は

とても魅力に溢れ、見る者の心に灯をともしてくれる。

http://railman.cocolog-nifty.com/blog/

クリックで 「1日1鉄! 鉄道写真家・中井精也ブログ」 へ

美しい写真がスタイリッシュに紹介されている。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°


愛読する鉄道紀行本が二冊。

宮脇俊三氏の

「時刻表2万キロ」 「最長片道切符の旅」

最長片道切符の旅で、氏はこう書いている

『 もし 「もっとも北海道らしい線は?」 と問われれば、

「釧路から根室まで」 と答えてよいだろう 』

さまざまな成り行きの結果、私は東北海道に暮らしている。

冬の長さにネを上げる日は、いつも読み返し慰めとしている。

Img_4578_convert_20110120043928

開け!肉球



どんより空が、唐突に晴れた。

   

   ウィ~  ギンモチエエ~

Img_4055_convert_20110118114216

ひょっとして、私の好きなアレが見られるかも・・・


ギューッ ・・・ として ・・・

Img_4059_convert_20110118114256


ンパァーッ!

Img_4062_convert_20110118114327


これこれ!クククッ・・・

  
  
  一体何が面白いのかねぇ・・・

Img_4159_convert_20110118195248

     
   ちょっとさ・・・

Img_4227_convert_20110118195333_2 

    変態みたいよ !

Img_4255_convert_20110118195408

変態で結構

ISO感度とは



今さら何を・・・でも知らないものは知らない。

ずい分昔の、初代コンデジから付いている機能。

気になりながらも、ほとんど触っていない。

調べたところ、写真の明るさがアップするらしい。


ウチの場合だと、季節柄雪の反射が強く

このような失敗が多い

  

  ♪ 南に向いてる窓をあけ ~

Img_3846_convert_20110117113618

過度の写り込み。

が、カーテン閉めると暗すぎる

  
  ♪ 十五、十六、十七 と ~

Img_3830_convert_20110117113706

ここで ISO感度を上げると


♪ 雪が溶けて川になって流れて行きます ~

Img_3833_1_convert_20110117113831

確かに明るくなる。


白いのでも試す

操作前

 

  ♪ いつものように幕が開き ~

Img_3865_convert_20110117113910

操作後

 
♪ 君のひとみは 10000ボルト ~

Img_3863_convert_20110117113957

少し動いてしまったが、背景で明るさが確認できる。


ずっと上げていれば良いかと云うと、そう簡単ではなかった。

シーンによっては明る過ぎて真っ白になったり

そこまで行かなくても滑らかさが失われ

ザラザラした感じが気になる場合も。


※2枚目と3枚目をアップで比較すると

後者に粒子の粗さが目立って分かり易い。


少し暗いかな・・・と思ったら

一度 ISO感度を調節してみると面白いかも。

(おかげさまで、風邪は結構良くなりました!)

 

何とかはひかないってガセ

   


       こんにちは!

    えーと、ここのヒトは

Img_3727_convert_20110117052621

 

  風邪でダウンしています♪

     ツマンネー

Img_3724_convert_20110117052703

皆様、どうぞお気をつけ下さい。

私は薬飲んで寝ます。

犬が吠えようが、猫が飛ぼうが

寝ます

谷口ジロー

ブログを覗いていると

取り入れたくなることが一杯見つかる。

今回はモビール。

立派な物じゃなくて良いので、作ってみる。

モチーフは キャノン クリエイティブパークから探した。

【  ↓ こちら ↓  】

http://cp.c-ij.com/ja/index.html

ペーパークラフト 「絵探しパズル」

モビールではないが

コレを紐で吊り下げれば、似た物になるかと期待。

しかし・・・切り抜きがこんなに大変だとは知らなかった。

Img_3366_convert_20110115085055

      
     まだ?

Img_3463_convert_20110115153151

  
  まだ?         まだ       

Img_3249_convert_20110115153102

     

      早く作れ!   

Img_3414_convert_20110115153225_2


・・・続き明日じゃだめですか?

      
       ガッカリ

Img_3426_convert_20110115153304

やりますやります

ワイヤーハンガーに付けて天井へ。

苦節2時間

Img_3482_convert_20110115182454_2

そして秒殺。これは想定内。

♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:*・♪*:.。.♪*:.。..。.:*・♪*:.。..。.:

モーニング7号に、谷口ジローの作品が載っていた。

初めて知ったのは

関川夏央と組んだ 【 「坊ちゃん」の時代 】

それ以来何作も読み、とても好きな漫画家となった。

一つ絞って紹介するなら 

「 犬を飼うと12の短編 」 小学館 ビックコミックスペシャル

愛犬の看取りから 妊娠猫との出会い そして里親探し。

そのすべてが胸に迫り、忘れ難い作品集。

        

動物関連書籍

先日TVで佐野元春を特集していた。

印象深い楽曲、久し振りに聴くものも。


「終末」 という言葉を想うとき、浮かぶのは

井上陽水の 「最後のニュース」 と

佐野元春の 「経験の唄」

どちらも不穏な中に救いを感じる、不思議な音楽。


╋……━……━……━……━……━……━………


最近読んだ中から一冊

Img_3160_convert_20110114104644

【 たいせつな家族 犬と猫を看取る 】

伊藤哲也 / 亜璃西社


亜璃西(アリス)社は北海道に根ざした出版と

編集を手がける札幌の出版社。


本書では経験者の談話、心理的ケアから実務面までを

平易な言葉で幅広く掲載。

   
    
    最後まで

Img_2223_convert_20110113120357



    しっかり

Img_2221_1_convert_20110113120438 

  
    
    頼むぞ

Img_2222_convert_20110113120512

ガッテン承知

ライトボックス

毛の柔らかいニュアンスが出ない。

模索中に嬉しいページを見つけた。

Pentax + で石原さくらさんが紹介している

簡単!ライティングテクニック キホンのキ

【 ↓ こちら ↓ 】

http://pentaxplus.jp/style/kihonnoki/index.html

早速ライトボックスを、家にある材料で試作。

・半透明プラ 収納ケース

・電気スタンド

・梱包用の薄い紙

・シーツ

電球を点け、ケースで覆い

紙やシーツを載せる。

(赤い紐は、気を惹くための玩具)


乗ったり

Img_3027_convert_20110113120736_3

 

おっかなぴっくり

Img_3046_convert_20110113120811

顔を近付けたり

Img_2653_convert_20110112184341

警戒

Img_2665_convert_20110112184423

しつつも

Img_2752_convert_20110112184506

興味

Img_2765_convert_20110112184543

津々

環境光(部屋の照明)と合わせるように、と書いてある。

今回はありもので、部屋は蛍光灯、BOXは電球

Img_2777_convert_20110112184622

やはり上下の光りが噛み合わない

揃えなきゃダメだと実感。

あくまで試作だが

Img_2812_convert_20110112184656_2 

裸電球から出る熱に人間が怯み

Img_2870_convert_20110112184733

短時間の使用に留めた

Img_2878_convert_20110112184809

こんな写真を撮っている時、外は暴風雪

Img_2896_convert_20110113120705_2 

昔見た海外ドラマ 「トワイライト ゾーン」 を思い出し

背中が ゾクッ

振り返れば

   でたーっ!

Img_2791_convert_20110113120942

・・・と、いろいろ遊べるライトボックス

改良してまたチャレンジするつもり。



男と女 ~猫持ふたたび~

猫の仕草を見て、女性の化粧に似ていると気付く。

こんな

Img_2164_convert_20110110152256_2 

凄い表情で塗って描いて

Img_2165_convert_20110110152334

   
        そんなことしてません

Img_2166_convert_20110110152406

って顔で外に出る。

ソレを云うなら男性も

みょーん

Img_2171_convert_20110110152444

むぉーん

Img_2170_convert_20110110152519

でヒゲ剃って


おはようございます 良いお天気ですね

Img_2184_convert_20110110152558

なーんて澄ましているので同じか。

♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜

12/28 寒川猫持について触れた。

( 猫を溺愛する バツイチの眼科医で うた詠み )

実はあの時点で、本の所在が不明だった。

仕方なく日記から書き写したが、先日発見!

発掘記念に、また三首ご紹介


【 猫とみれんと 】 文春文庫 PLUS



屁もすれば 歯ぎしりもする 朝寝する

あんな女に 未練はないが




今日こそは 下着替えむと 思いつつ

まあよかろうと 思いまた穿く




墓碑銘に こう書いてよね ダメ男

だったが猫を 見捨てざりきと

マスキングテープ

帽子の内側、額が当たる部分にマスキングテープを貼っている。

手持ちが切れ、仕入れに行って驚いた。

カラー・デザイン・サイズが一挙に増え

単独でコーナーが出来ている。

見ると、所謂 「養生」 目的の他に

クラフト素材として注目されている様子。

本まで出ている。

自分では絶対やらないが、人様の作品は見たい。

パラパラめくれば これゃ スゲー!

茶封筒に缶や瓶。どれも大変身している。

http://miyakeshouten.shop-pro.jp/

マスキングテープ卸、三宅商店さんのWEBページ

本や作品が載っています。

http://www.maskingtape.jp/

こちらにはユーザーの活用アイディアが掲載。


      
      みんな上手!

Img_2245_convert_20110112065450

こんなの見ちゃったら・・・

単なる汚れ避けとして私の手元に来たテープが哀れ。

Img_2414_convert_20110112065529

でもコレはそもそも、そっち用途なんだよねぇ・・・

許せテープよ。

    
       少しは

Img_2066_convert_20110112065250_2

     努力

Img_2075_convert_20110112065331

       しろ

Img_2065_convert_20110112065405 

FLORAL 4 SEASONS

年齢と共に、香りの好みも変化。

ここ数年、和のテイストが気になる。

とはいえ、白檀や沈香を使えるほどの落ち着きは皆無。


♪ エキゾティック ジャパァァァァァン!

には程遠い。

中途半端な現状に便利なショップ

「 武蔵野ワークス ・ フローラル 4 シーズンズ 」

日本の四季をテーマに、多くの香りを作り出している。

Img_8162_convert_20101225121015

リピートしている 「柑橘系」

(動物が忌避する香り、出先でのみ使用)


写真奥、ロクシタンのシトラスヴァーベナと比較。

双方単純なシトラスノート。フレッシュでドライ。

ロクシタンは、はっきりとレモン。変化せず2時間ぐらいで消失。

「柑橘系」、同程度の持続時間の中、八朔や柚子、蜜柑を感じる。

なるほど和の香り。どちらも捨てがたい。


動物実験についてのポリシーを明確にしている二社

( FEEL L’OCCITANE / 武蔵野ワークスQ&A )

私にとっては大変重要なポイント。


FLORAL 4 SEASONS 全てサンプル対応アリも嬉しい。

新春、桜の香りが気になる頃。

まずは 1ml のミニボトルで試香の上、検討するのが吉。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°



白いのを見ていたら、雪見大福アイスが食べたくなってきた。

     
     大福って言うな!  

Img_1278_convert_20110109121822   


深夜コンビニへ向かう。

外気温マイナス12度。

        
        馬鹿者!

Img_1342_convert_20110109121907


本物の桜は遠いなぁ。

とりあえずストーブの前で大福アイスを平らげる宵。

不燃ゴミ騒動

不燃ゴミ、回収は週に一度。

今回はお正月休みと重なり、二週間ぶり。

こうして見ると、沢山ゴミを出していることに改めて気付く。

         
         えいっ

Img_1821_convert_20110109205713

        やあっ

Img_1477_convert_20110109205843

     猫使い荒い!

Img_1416_convert_20110109205915

        とうっ

Img_1916_convert_20110109210051

       どっこらせ

Img_1992_convert_20110109210129

せめて圧縮し、かさを減らそうと必死。

でもビンだけはどうしようもない

Img_1997_convert_20110109210211

いろいろと反省する不燃ゴミの日。

信州味噌 丸高蔵


ググッと厳しい冷え込み。

やっぱり冬は熱燗が・・・

      
       それ前に書いたでしょ

Img_0904_convert_20110106142642

そうでした。

ではこの時期オススメの酒肴をひとつ

旬楽館WEBショップ / あん肝の味噌漬け

Img_0953_convert_20110108095057

使用する味噌によって、味は四種。

今回は辛口の青唐味噌と、甘口の信濃路味噌

どちらもお酒が

                   す

Img_0969_convert_20110108095140

                すす進

Img_0970_convert_20110108095215

               むーっ!

Img_0971_convert_20110108095253

炊きたてご飯とも相性良し。



当地に移り、最初に思ったのは

「北海道なまりって、フランス語みたいだ」

文字で表せるか自信がないが・・・

「おいくらですか?」が

べ?

全体的に鼻母音っぽい。



丸高蔵さんのHPから「蔵だより」を見ていたら

【 仏語と津軽弁によるシャンソンとSKDライブの夕べ 】

と云う記事があった。

津軽弁はもっと仏語に似ているらしい。あー聴きたい。

モチロン私は、フランス語どころか日本語も怪しい者です。


Canon EOS Kiss X2

※旧製品です

 現在エントリーモデルは 【X3】 【X4】 になります

数年前の物、大きさ・重さが手頃だった。

入門機ながらオートフォーカス機能も充実。

「 ワンショット AF 」でピントを合わせた後、被写体が動き始めると

自動的に「 AI サーボ AF 」に切り替わる「 AI フォーカス AF 」

動きの予測しにくい被写体を撮影するのに適したモードを搭載。

‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥

そんな説明を受けたが

現実には発光禁止モードしか使っていない。

         
         これが

Img_3174_convert_20101201160006_2

       
            
こうなって

Img_3173_convert_20101201155908_2

       
             フレームから

Img_3470_convert_20101201160043_2

   
   
はみ出してしまうのは

Img_3475_convert_20101201160124_2

腕とモデルの問題なんだな・・・。

☆.。.:*・°☆──────────────────☆

 
  『 猫のアクビ顔 』

 露出ってなんですか?ってなレベルの素人が

 思いつくままポイントを挙げてみました。

*,‥,
:1:  カメラの電源はON、常に手元へ      
‘‥' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 起動には意外と時間を要します。

 待機状態でのバッテリー消費が気にならなければ

 これが第一かと。

,‥,
:2:  アクビをした個体に注目
‘‥' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 アクビは二・三度連続する場合が多いので

 一度したら構えて、次を待ちます。

*,‥,
:3:  始まったら連続してシャッターを 
‘‥' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 動いている状態なので、ブレは出やすくなります。

 大きくブレたカットは後ほど消去で

 一連を撮ります。一回で10コマぐらいでしょうか。

 一発勝負で決める場合は、最も大きく口を開ける瞬間が狙い目。

 そこで動きが一時止まるので、ブレずに撮れる率が上がります。

*,‥,
:4:  メモリー選びも 
‘‥' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 SDカードにも、被写体による向き不向きがあります。

 購入時、係のかたに

 「 動きの速い猫を撮ります 」

 と説明し、適合品を教えて貰います。

 それを軸に数種類試し、特性やカメラとの相性を

 探ってみるのも一手。

 

 

     穴あきカーテンとか

Img_1016_convert_20110107162400

      半壊タワーは

Img_0737_convert_20110107162326_2 

      写さないほうが

Img_0768_convert_20110106142519

     いいんじゃないの?

Img_1061_convert_20110107162430_2 

中島みゆき Ⅱ

心身とも、なかなか通常運行に戻らない。

このダラケ感、凄く好きだがいよいよ洒落にならない1月7日。

最後のご褒美、中島みゆきのDVDを観て区切りとしよう。

【 歌旅 中島みゆきコンサートツアー 2007 】

DISC-1 と DISC-2 で約160分

のはずが。

「ファイト」 を何度も再生するので三時間以上どっぷり。

毎度号泣しながらマグカップを持つ手を振り回し



     冷たい水の中を

Img_9612_convert_20110105150433


      ふるえながら

Img_9613_convert_20110102060853


  のぼってゆけぇぇぇぇぇ~っ!

Img_9614_convert_20110102060929

ああ、いろいろ吹っ切れる。

切り替えたいかた、さぁご一緒に


のぼってゆけぇぇぇぇぇ~っ!

Img_9615_convert_20110102060959

今週のモーニング

地元の商店から頂いたカレンダー。

天気を書き込めるようになっている。

○快晴

◎曇り

●雨

太古の昔たしかに習い、キレイに忘れている。

   ・

   ・

   ・

地吹雪

Img_0667_convert_20110105175848

習った ・ ・ ・ か?

・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・.

毎週木曜日発売のモーニング

今号(№6)の注目が二本

・「 天才 柳沢教授の生活 」 山下和美

 一話完結

 今回の舞台は動物病院

 猫と暮らしたことのあるかたなら、表紙から苦笑い必至。

 

・「特上カバチ!!カバチタレ!2 」
 
  作・田村隆/画・東風孝広

 市営住宅におけるペットの飼育

 そしてペット葬儀業について取上げています。

 こちらは新章の一話目ですが

 今までの内容からみて、期待して良いと思います。

 知らなければならない、厳しく冷たい現実

 人間性を保ちながら、何を守り、どう生きるか。

 いつも考えさせられる漫画。

亦楽しからずや

毎年この時期、埼玉から友人が来る。

目的は丹頂鶴の撮影。

その合間、会って食事をするのが恒例となり

今年もその日を迎えた。

待ち合わせに早く着いたので、カメラを出してみる。

・・・猫が居ないと、何を撮ればいいのかワカラナイ。

晴れたので、青空でも

Img_0489_convert_20110104185134

だめだ慣れないことすると首が痛い。

昔から四畳半ぐらいが落ち着くタイプ。

自然と地面、カラスの足跡などに目が向く

Img_0488_convert_20110104185213_2

    カラス とな !?

Img_8453_convert_20101226142849

フラッシュバックは置いといて


釧路市の駒形屋さんで一年ぶりの再会。

Img_0491_convert_20110104185326

私 「鶴の撮影って首が痛くなる?」

友 「別にならない」

会話ほぼ、それだけ。

ブッキラボーな友よ。来年も元気で会おう。

晴朗なれども波高し

上天気。

立ったまま眠ってしまうほど気持ち良い。

      ・・・ ウトウト ・・・

Img_0200_convert_20110103121101

珍しくほのぼの写真が撮れるかと、淡い期待感。

が・・・

豪快に寝ている所へ のこのこ来た

Img_0331_convert_20110103121138

何につけ鈍いサバトラを

Img_0209_convert_20110103121212

      脚で押し退け

Img_0354_convert_20110103121251

ぜんぜんほのぼのじゃない。

天気に頼ろうなどと・・・

            

Img_0137_convert_20110103120911

          まー

Img_0138_convert_20110103120951

           いっ

Img_0132_convert_20110103121030

:*:・'゜.:*○ .:*:・'゜.:*○ .:*:・'゜.:*○ .:*:・'゜.:*○ .:*:・'゜.:*○

雑誌 モーニング・ツー 連載中の

「第3教室」 田口佳宏 

第7話 (今号41号) に圧倒される。

一切の台詞無しで描かれる食物連鎖。

前後のストーリーを読んでいなくても

独立した一編として充分に見応えあり。

仔猫と雛鳥、その母。

両方生きて欲しいと云う願いは

自然の前であまりにも無力だと

今さら知る2011年1月。

 

showken-fun 様

12/25にTVドラマ 「傷だらけの天使」 について

拙い日記を書きました。

懐かしさにかられて綴った、語彙の貧しい文章を

大変深いショーケンファンさんが読んで下さいました。

もう 【恐縮】 の意味を実感し

顔が真っ赤になっております。

showken-fun様のショーケンワールド

『未来を夢見てる ~日陰の映画が好き~』

http://ameblo.jp/showken-fun/

傷天にピンと来る方、必見です。

六無齋主人



年に数回、某協会から 「パトライト運動」 の順番が回って来る。

Img_9180_convert_20101230112019

国道脇などに駐車し、これをパカパカ点けて

数時間ジッとしているアレです。

今回の当番は、ちょうど年末年始にまたがる日程。

相変わらず要らんトコでヒキが強い。

       
      
              はげめよ!

Img_9153_convert_20101230111935

身に余る光栄。

喜んでやらせて頂きます。

どうせ盆暮れ正月無関係。

どっちかって云うと

毎日が13日の金曜日で仏滅の天中殺。

負傷 

不詳 

不承  

不肖・私 

年末年始の交通安全に

この身を捧げる所存であります。


「 親も無し 妻無し 子無し 版木無し 

       金も無けれど 死にたくも無し 」

                                                     林子平 

 

おせち狂想曲

思いがけず、おせちにありついた。

めでたい飾りがついている

Img_9830_convert_20110101153441

  
   
何からいただきますか・・・

Img_8395_convert_20101226142658

全部私のです。

躊躇なく食卓に飛び乗る、この無法者は別室に隔離か

お重を前に考えていると・・・

      
      白いのは最近

Img_9229_convert_20101231122026


      いたずらが過ぎる

Img_9274_convert_20101231122102

おっ!アメショ柄が怒っている

ドキドキしつつも教育的指導に期待する飼い主。

   
   ワシがちょっと行って・・・

Img_9286_convert_20101231122219

でも暴力はいかんよ・・・

    
    ヤツの好きな場所を

Img_9397_convert_20101231122305

 
  獲っちゃるけんね 参ったか!

Img_9418_convert_20101231122342

それだけ・・・?

白いのも人間もずっこける

Img_9436_convert_20101231123513

腰を抜かしながらも       

Img_9438_convert_20101231122535

口は減らない 
     

       屁でもねぇ

Img_9437_convert_20101231122501

      
     怖いのは 顔だけ

Img_9097_convert_20101231121956

僻地まで届けて下さった全日空ホテルさんに感謝。

Img_9919_convert_20110102053749

招福万来

・'゜☆。.:・'゜★。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜☆。.

 
 

平和な一年で ありますように



★。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜☆。.★。、:。.:・'゜

Img_8347_convert_20101226142542 

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ