« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

北の大地へ 堀町政明氏





北海道の自然を撮り続けている、写真家・堀町政明氏



この方の作品を閲覧できるサイトがあるのを最近知った

↓ 北の大地へ ↓

http://www.shashinkoubou.com/kita/



下部の〝フォトギャラリー〟クリックで写真ページへ

あとは自動で次の写真へと変わりますが、何せ多いので

下の一覧から選んで見るのも良いかと。



お時間ありましたら是非ご覧になって下さい。

(体感温度は下がります)









愛犬に合ったサイズを





皆様のワンちゃん、猫ちゃんは

歯磨きに協力的でしょうか。



ウチは全員

Img_5624_convert_20120129114829



・・・って感じです。



歯磨き効果を期待できるとか書いてある玩具も

Img_5666_convert_20120129114851



5分で

Img_5672_convert_20120129114918



木端微塵じゃねぇ・・・Hartzさん、もっと頑丈なの頼みます。

ちなみに後ろのフワフワは引っ張り出した詰め物。



やはり続けやすいのはデンタルガムかなと、あれこれ試して



一番合っていたのがグリニーズ

Img_5678_convert_20120129114945



中身はこちら

Img_5675_convert_20120129115005



グリニーズに限らず、誤飲誤食や丸のみによる

痛ましい事故をよく耳にします。



ガムに関しては犬の体格・性質に合致する物を選び

食べ終わるまで必ず飼い主さんが見ていることが

とても大切だと感じています。



そうそう、最近〝猫用グリニーズ〟が出たとか。

ガムではなく、ドライフードの粒を大きくしたような物らしい。

近場で扱いがなく、取り寄せ中なので

こちらも試したらレポしたいと思いますが・・・何せ猫なので

「誰も食べませんでした」

ってな残念報告になる可能性をはらんでいるのだった。









カメラ店にて





知人が使っていたコンデジ、壊れてしまったそうな。

買い替えの参考になればと、しばらく私のをお貸ししてみたところ

「重くて無理だった。やっぱりミラーレスにする」との感想。



で先日、一緒にカメラ屋さんへ。



知人「ミラーレス・・・高っ!」



そうなんだよねぇ~。

新発売の良さげなミラーレスの価格で

デジイチの入門機が余裕で買えてしまうんだよね。



ここで知人、迷う迷う。

千円二千円の物じゃなし、数年は付き合うことになるわけで

ゆっくり考えて決めなよ、と

即決せずにお店を後にした。



駐車場に可愛いワンコさんがいて

Img_5526_convert_20120127103531



思わず撮ってしまった。



☆  ☆  ☆



今、家の周りはこんな感じ

Img_5553_convert_20120127103918



雪面のきらきらが上手く撮れないなぁ

Img_5555_convert_20120127104020



カメラ店で見たレンズが頭をよぎる

いかんいかん、腕の問題なんだと言い聞かせる。










突然の来客





帰宅した私の上着から



何かがポトリと落ちた



Img_5519_convert_20120123143119



─────────── \(◎o◎)/ ───────────



まーずーい!



ウチには





Img_5478_convert_20120123143003



ハンターがいるっつーの!




Img_5480_convert_20120123143021



とりあえず空き瓶に入れたはいいが、この後どうする?

そもそもどこで付いたのか?



真冬の北海道、この大雪の中を飛んでいたとは思えない。

可能性は・・・スーパーの花売り場を覗いた時か・・・

南の方から、花枝にくっついて運ばれてきた・・・とか。



こっそり戻すか?不審者だな~

もし見つかって

「何するんですか!」

とか言われたら、釈明しきれる自信が無いぞ

第一それじゃ問題の解決になってないだろう。



じゃ、飼う?



餌はアブラムシか、うどん粉病菌だって・・・

アブラムシさえ居ないのに、どうすっぺか。




☆  ☆  ☆   と、ここまで昨日の話   ☆  ☆  ☆



今朝、家庭菜園やってる方の所へ行き

ビニールハウス内に放してきました。



てんとうむし子よ ゴッド・ブレス・ユー!










ニッパー君だったのか





一昔前、どのお宅にもあったと思われるビクターの犬



ウチにもおります

Img_5255_convert_20120119131644



よく考えてみたら名前を知らないなぁと

調べていたら、ビクターさんが



↓このワンコの壁紙&スクリーンセーバーを配っていた↓

http://jazzcafe.jvckenwood.com/download/



どれもなかなか素敵

特にスクリーンセーバーの微妙な動きがツボに入った、好きだー!



それにつけても



この健気な犬の後では

Img_5222_convert_20120119131731



白いのの悪たれ顏が

Img_5219_convert_20120119131712



なおの事わる~く見えてくるぞなもし











NHK Eテレ ネコ学





NHKの番組「極める!」で〝とよた真帆のネコ学〟放送中

番組HPこちら→ http://www.nhk.or.jp/program/kiwameru/



番組によると、猫には「野生・ペット・親・子供」4つのモードがあるらしく

例)  同居猫へのグルーミング(親)→突然の喧嘩(野生)

    →ストーブ前でドテリと寝そべり(ペット)→飼い主をフミフミ(子供)

・・・のように、モード切替が急に起こるため気まぐれに見えるのだとか。



録画でゆっくり見ようと、片手間に聴いていたので正確じゃないかも・・・

第二回分再放送は、23日月曜午前11時30分~11時55分

第三回分放送は、同じく23日月曜日午後10時25分~10時50分



☆  ☆  ☆



なるほど、ちょっと頷けるような。

どのモードが強く出るかで個性が分かれるのかも知れん。



其の一

Img_4747_convert_20120117095651



其の二

Img_5010_convert_20120117100140



其の三

Img_4877_convert_20120117100000



さて

Img_4893_convert_20120117100120



☆  ☆  ☆











ワンダーランドへのいざない





富山県で活動されている、画家・土肥順子さん。



先日土肥さんの素晴らしいイラストが描かれたカレンダーが作成されたと知り

オンデマンド(少部数)の希少なひと綴りを

無理を言って譲って頂きました。本当にありがとうございます。



ぜひ一人でも多くの方に見て頂きたいと思い、土肥さんのご了承を得て

ご紹介させていただきます。



☆  ☆  ☆

一月・招福間違いなしの招き猫さん

Img_4825_convert_20120115132745

モデルは土肥家愛猫の花子ちゃんです。



☆  ☆  ☆

二月・本格的な春を待つかのように

Img_4820_convert_20120115133534

耳と尻尾の不思議な生き物、モデルは土肥さんと何年も暮らし

創作活動を支えた愛らしい二人のシマリスさんです。

今も土肥さんの心の内に生きて、こうして姿を見せてくれます。



☆  ☆  ☆

三月・少年は想像力で百獣の王を呼び覚ます

Img_4810_convert_20120115133827



☆  ☆  ☆

五月・青い鳥がやって来て、旅の話をしてくれる。知らない世界にびっくり!

Img_4849_convert_20120115134218



☆  ☆  ☆

七月・青空、花の下で、友達がくるのを待っている

Img_4824_convert_20120115134625



☆  ☆  ☆

八月・遊び疲れて一休み

Img_4815_convert_20120115135020



☆  ☆  ☆

十月・月夜を駆ける勇ましい女の子、何処へ向かうのか

Img_4842_convert_20120115135531



☆  ☆  ☆

十一月・落ち葉の布団でおやすみの兄、まだ遊びたい弟

Img_4844_convert_20120115140131



☆  ☆  ☆

ポストカード・静寂の中、湖に落ちる流星の微かな音が

Img_4807_convert_20120115140306



☆  ☆  ☆

ポストカード・仔猫トリオ

Img_4806_convert_20120115140828





モデル以外のキャプションは私が勝手に書いたものですが

絵の向こう側へ、豊かに広がる世界。

その物語性が、土肥さんのお描きになる絵の大きな魅力だと感じます。

見る人によって、幾通りの物語が生まれることでしょう。



そしてもう一つ。

可愛い、美しいだけでなく、どこか切ない懐かしさ

幼い頃、誰もが持っていた

〝すべてのものに命があると感じるアニミズムの世界〟

大人になり、すっかり忘れていたのに

あの世界は存在して、自分を待っていてくれたんだな・・・

そんな気持ちにさせてくれる、素敵な絵をご紹介できて

とっても嬉しい一月の日曜日でした。











真夜中の手紙





最近読んだ中から



宮本輝 真夜中の手紙 新潮社

Img_4336_convert_20120111134612



立ち読みページ ↓こちら↓

http://www.shinchosha.co.jp/books/viewer/332516/_SWF_Window.html



〝一日の仕事を終えた午前2時、宮本輝から、手紙が届く〟



落語・音楽・エトセトラ、多様な話題で静かに語りかけてくる

氏の著書では珍しい形の一冊。

原稿用紙に向かった時の、構えた作品とは異なり

気軽で親しみやすいヨッパライライブ感のある言葉に

一日の疲れを束の間忘れる。



☆  ☆  ☆



凍った池の上、何かの足跡

Img_4324_convert_20120111134514



何だか寂しい写真だなぁ

でも夕暮れ時があるのは陽が伸びた証し、嬉しい。











カタチは大事だった





暮れに頼んだ品物が、ボチボチ届き始める。



ずっと普通のラウンド型犬用食器を使っていたが

フードが周辺部に動くと、どうしても首を振りながらになってしまい

ちょっと食べづらそうだなぁ・・・と感じていた。



で、見つけたのがコレ

Img_4311_convert_20120108130305



もっと早く探せば良かった!と、腹立たしくなるほどの違いを実感



CGはこちら→ http://www.youtube.com/watch?v=OJI6GDvZL9g

ハリオ・ワンプレ公式はこちら→ http://www.hario.co.jp/pet/wancoplate/



別途でフレンチ・ブルなど短頭種用のBUHI・プレもあります。





しかし・・・人間様の食器なんざ、ほとんどが〝お値段以上・ニトリ〟

味気ないねぇ~なんて考えていたら、天が哀れに思ったか



出先で餅まきに遭遇

Img_4314_convert_20120108130329



紅白の小さいお餅で、こんなに幸せな気分になれるとは。

Img_4155_convert_20120108130406




☆  ☆  ☆



日没がだんだんと遅くなり、気持ちも明るくなるこの頃

寒さは厳しいですが、もう少しすれば南から梅の便りがあるはずと

そんな事を思いながら過ごしています。

年越し疲れが出ますので、皆様体調に留意され

どうぞお健やかな毎日を!











全国で流して欲しい





昨日、新年会の席で教えてもらった

↓ 「九州新幹線全通のCM」 ↓

http://www.youtube.com/watch?v=A9floylV2ik&feature=related



スマホって良いのか悪いのか・・・人前での閲覧注意っす。





☆  ☆  ☆





新年会の帰りは、いつもお土産の太巻がつく

Foodpic1915579



これを頂いて





猫に新しいマタタビクッションをあげて

Img_4128_convert_20120104103959




ウチのお正月は終了。











・・・思い出した





昨夜から今日未明にかけて

雨が降った orz



これは最悪のパターン、氷の張った路面に水溜りが出来ているワケで

めちゃくちゃ滑る!



初売り等でお出かけの方も多いと思われる今日

ひたすら無事故を祈る。



天気といえば ↓過去50年分の天気をお届け↓

http://weather.goo.ne.jp/past/

誕生日や記念日など〝あの日の天気〟を知るのも一興かと。





☆  ☆  ☆





白いのと暮らして数年、実はずっと

「コイツとは、昔どこかで会っていた気がする・・・」

そう感じて仕方なかった。



しかし歴代の、どの猫とも特に共通する点は見当たらず

まぁ気のせい、で済ませていた。



それが年末年始、いつもよりじっくり観察しててハッ!と思い当たる



菱形に開く口

Img_3879_convert_20111228170133



閉じた時のホムッ!とした感じ

Img_3878_convert_20111228170107



お調子者の表情

Img_3881_convert_20111228170157





パタリロだった。












謹賀新年





新年あけまして



おめでとうございます

Img_4347_convert_20111230052537



平和な一年でありますように。





昨夜帰宅途中、お寺の近くを通った。

21時頃で、だーれも居ないけど灯りがついている。



除夜の鐘つき準備中なんですねぇ・・・と

参道(?)の写真だけ撮って初詣を済ませたことにする。

Img_4123_convert_20120101065457



まだ年内であるとか、そもそも神社とお寺はちがーう、という正論は

Img_4114_convert_20120101065806



寒さを前にした私にゃ聞こえないっす。












« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ