« 真夜中の手紙 | トップページ | NHK Eテレ ネコ学 »

ワンダーランドへのいざない





富山県で活動されている、画家・土肥順子さん。



先日土肥さんの素晴らしいイラストが描かれたカレンダーが作成されたと知り

オンデマンド(少部数)の希少なひと綴りを

無理を言って譲って頂きました。本当にありがとうございます。



ぜひ一人でも多くの方に見て頂きたいと思い、土肥さんのご了承を得て

ご紹介させていただきます。



☆  ☆  ☆

一月・招福間違いなしの招き猫さん

Img_4825_convert_20120115132745

モデルは土肥家愛猫の花子ちゃんです。



☆  ☆  ☆

二月・本格的な春を待つかのように

Img_4820_convert_20120115133534

耳と尻尾の不思議な生き物、モデルは土肥さんと何年も暮らし

創作活動を支えた愛らしい二人のシマリスさんです。

今も土肥さんの心の内に生きて、こうして姿を見せてくれます。



☆  ☆  ☆

三月・少年は想像力で百獣の王を呼び覚ます

Img_4810_convert_20120115133827



☆  ☆  ☆

五月・青い鳥がやって来て、旅の話をしてくれる。知らない世界にびっくり!

Img_4849_convert_20120115134218



☆  ☆  ☆

七月・青空、花の下で、友達がくるのを待っている

Img_4824_convert_20120115134625



☆  ☆  ☆

八月・遊び疲れて一休み

Img_4815_convert_20120115135020



☆  ☆  ☆

十月・月夜を駆ける勇ましい女の子、何処へ向かうのか

Img_4842_convert_20120115135531



☆  ☆  ☆

十一月・落ち葉の布団でおやすみの兄、まだ遊びたい弟

Img_4844_convert_20120115140131



☆  ☆  ☆

ポストカード・静寂の中、湖に落ちる流星の微かな音が

Img_4807_convert_20120115140306



☆  ☆  ☆

ポストカード・仔猫トリオ

Img_4806_convert_20120115140828





モデル以外のキャプションは私が勝手に書いたものですが

絵の向こう側へ、豊かに広がる世界。

その物語性が、土肥さんのお描きになる絵の大きな魅力だと感じます。

見る人によって、幾通りの物語が生まれることでしょう。



そしてもう一つ。

可愛い、美しいだけでなく、どこか切ない懐かしさ

幼い頃、誰もが持っていた

〝すべてのものに命があると感じるアニミズムの世界〟

大人になり、すっかり忘れていたのに

あの世界は存在して、自分を待っていてくれたんだな・・・

そんな気持ちにさせてくれる、素敵な絵をご紹介できて

とっても嬉しい一月の日曜日でした。











« 真夜中の手紙 | トップページ | NHK Eテレ ネコ学 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

メルヘンだな~~~♪ 
ストーリー性のあるとても素敵なイラストですね!
私は10月が一番いいかな(^?^)

ねこめしやさん、こんにちは 


10月、ライオンの中を流星が走っているようで
ドキドキしますね!

全部ご紹介出来れば良かったのですが
私のカメラ、暖色の再現に少し癖があり
いくつか泣く泣く外すことに致しました。

本当に素敵なイラストですね 

esさん、こんにちは

わぁ、素敵な紹介ありがとうございます。
心のこもったキャプションに感激です。
うれしいなぁ。
ゆっくり、ゆっくりですが、またイラストを描いていきます。
esさん、ほんとうにありがとうございます。

Doiさん、こんにちは 


こちらこそ、宝物のような絵の数々に
ひたすら感謝申し上げます 

愛らしいいきものや草花、お日様や風までもが心に刻まれ
いきいきと動き出すのを感じ
とっても賑やかなざわめきが聴こえてきます 


これだけの作品を生み出すのは
大変なエネルギーが要ることでしょうね。

どうぞこれからも、Doiさんのペースで
素晴らしい物語が紡ぎ出されますように。
いつか
「予約受け付けますョ」
という時がきましたなら、是非ともお知らせ下さいますように
重ねてお願い申し上げます  

ほんとうに素敵なカレンダーですね
優しい絵に優しいキャプション
こんな絵を見ながら、ひとつきを過ごせるなんてステキです
ネコのはもちろん11月の落ち葉に眠っている子の尻尾がくる~んと
かわいい、それを見ている子のしぐさがまたまたかわいい
土肥さんの絵をもっと見たくなりました

ちょこっとさん、おはようございます 


見ていると、自然と笑顔になる絵ですよね 
そうそう、ネコさんも最高に可愛いけれど
シマリスさんのお耳と尻尾がまた・・・
十一月のくる~んと、頬杖の子
会話が聴こえて来るようです。


土肥さんの作品についてですが
ホームページ 「花日和」 さんで見ることが出来ます。
アドレスはこちら→ http://homepage3.nifty.com/DoiMix/
是非お立ち寄り下さい 

おはよございます(*^。^*)

可愛らしい絵ですね。
私は、特に色に魅かれてしまいました。

2月のいぬふぐりの青が素敵。
春を待つ色ですよね。

しまりすさんの未来を見つめる目もいいなぁぁ・・
そんな気持ちを忘れずに持ち続けたいですね。。。

うさこさん、おはようございます 


とても美しい色使い
是非HP「花日和」さんにお立ち寄り下さい!
原本に近い透明な色彩を見ることができます 


私も二月の花の青が目にしみるように感じました。
可憐な花色とシマリスさんの純粋な表情が
忘れがたい印象を残してくれる絵ですね 


こんな気持ちで、春を待っていたいです 

esさんが惹かれたのが
う~ん納得!という感じ

やわらかさの中にも力強さを感じる
懐かしさでずっとみていたいね~^^

来月を早くみてみたい氣もするし
このまま月が替わってほしくない氣もするし( ´艸`)

ステキな作品を紹介してくれて
ありがとうesさん

みゅーさん、こんにちは 


柔らかく、力強く
みゅーさんの紡ぐ言葉と通じるものを感じています 

ポカポカと暖かくて
いつまでも見ていたい気持ちになりますね。

色の再現が及ばず申し訳ないです 
是非HP「花日和」さんで原本に近い
透明な色彩をご覧頂きたいと願っています。

どの絵も一枚一枚丁寧の描かれて本当にステキな作品ばかりですね。
メルヘンの世界に迷いこんだような不思議な感覚です。

猫ちゃんの表情をみていると、無邪気だった子供の頃にタイムスリップしたような気がしてきました。

てんこさん、こんにちは 


一枚の絵を入り口に、柔らかな世界へ入って行くような
不思議な魅力にあふれた作品ですね 


子供の頃へのタイムスリップ!
私も正にそうで、真っ先に思い出したエピソードが、自転車事件でした。

小学校の低学年頃、自転車が消えてしまいました。
お下がりの古い物で、大人は
「別なのを買うから気にするな」
と言いましたが、私は相棒だと思っていたので、もう大変 

何日も学校を休んで探し回りましたが
見つかることはありませんでした。
あの時の
「あの子(自転車)が絶対に私を待っている」
という気持ちは、今思うと大変強いものでした。

きっと誰の胸にもある子供の心
それを呼び覚ましてくれる絵との出会いに
とても感謝しております 

こんにちは(◎´∀`)ノ
何かメルヘンチックっすね~
癒される感じっす
つい微笑んでしまいます( ̄ー ̄)ニヤリ
家宝になりますね
こーいう才能のある人うらやましいな~

たぴあさん、こんにちは 


暖かな世界を感じる絵ですね 
はい、家宝です!

ちょうど今、たぴあさんのお子さんが
この陽だまりのような世界で生きているのだなぁ、と思います。
成長と共に一度は忘れても
きっと思い出す日が来るから
子供時代の思い出や感覚は大切なんですね 


育てること
物語ること
歌うこと
描くこと
走ること
演じること
他にも、もっともっと
人には様々な使命があるのですね 

こんにちは
おそくなりまして~^^
素敵な世界ですね
いろいろな物語を感じます。
楽しい冒険をきっと毎月くりひろげるんですね…
デザインや配色、動物さんについてはもちろん、植物が生きていますね。
素敵な作品の紹介、どうもありがとうございます

きいろひわさん、こんにちは 


いつもお立ち寄り頂いて、本当にありがとうございます 


冒険物語を感じる素敵な作品ですね!
HP「花日和」さんで見たセピアな人魚さん等々
とても印象深い絵ばかり 


生き物の柔らかさと植物の瑞々しさ
枯葉は触れれば〝カサッ〟と音がしそうな・・・
この素晴らしい作品を、ご一緒に感じることができて
とても嬉しく思っております 
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夜中の手紙 | トップページ | NHK Eテレ ネコ学 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ