« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

あなたの町では





転居の多い生活だったと思う。

幼稚園中退から始まり

小学校は三校に通った。





☆     ☆     ☆





現在暮らす町では、朝晩の定時に

役場のスピーカーからサイレンが流れる。



古典的な

“ウウウ~!!”

ってヤツで、なかなかに物々しいが

港町&天災の巣みたいな土地柄を考慮すると

これぐらいの方が気持ちの引き締めになって良いのかと。





☆     ☆     ☆





先日、あまり馴染みのない町で日暮れを迎えた。

陽が伸びたなぁ~なんて浮かれていたら

どこからともなく流れるメロディー

オルゴール風な音色の“恋は水色”だ。





あれ・・・なんか脳が揺れる感じ・・・





あぁ!

これ私が八歳頃に住んでた町の夕焼けチャイムと同じだ!



もう44だけど!

景色は全然違うけど!



一面クローバーとタンポポの原っぱに立ってる

可愛い頃の自分が見える(石は!石は投げないで下さい~)



すっかり忘れ果てていたのに、音楽って凄いな。



いろいろな場所のチャイムをアップしている方がおられました

はいじまKのyoutube

懐かしいのがあるやも知れませぬ~♪





☆     ☆     ☆





最近ちょっと治まってきたので安心していたが



Kakosmc5ahas51kbhs7z





深夜のフィーバーが再燃

Kakoko8ckatxntldu86n





さんざん暴れ回ったあと

ザリザリザリザリ・・・と顔を舐めて来るが

あまりに疲れていたため、もう防御もせず眠った。



翌朝、左の眉毛がほぼ無くなってて

何と中途半端な出家ぶり、と

洗面台の前で腰が砕けたでござる。










ことだま





近隣の公園では

本日桜祭りが行われているのだけれど



Kako8xpcpppkij9ulaaf






十日前に満開&桜吹雪状態だったので



現在花ゼロ・・・





☆     ☆     ☆





桜といえば

ローソンのマチカフェカップ

こちらはまだ桜バージョンなのだが

これって地域でずらしているんだろうか・・・



そんな細かいことしないよね、と思う反面

もし今本州もコレなら、ちょっとアレだよなぁ。





☆     ☆     ☆





おすそ分けだよと、パイナップルをゴロンと一個

持ってきてくれた人がいて

非常に困った。



ここはもう正直に言ってしまう

「カットされた物か缶詰しか食べたことがないので

ちょっと自力では無理っぽい・・・」



台所に上がってもらって数分で

もう食べるだけの形になって出てきた・・・凄い。



で、この人が

『全く切れない包丁で非常に危ない

早急に研ぎに出しなさい!』

と言って帰られた。



一体いつ買った物かも覚えていないし

もちろん研いだこともない。



切れないなぁとは思っていたが

用は足りていて、ケガもなかったけれど

これもいい切っ掛け

その内ニトリで新しいの買ってこよう。





そして



それから三日間



連続で手を切った(どれもカスリ傷)



可能性としては

①その人の助言が、的確かつタイムリーだった

②心の隅に残ってて、手つきが恐る恐るだった

このあたりが常識的な考えかと思うが

実感が伴わない。





③言われて初めて、包丁が自身のナマクラさに気付いてしまった

と書くのが一番しっくり来るのよねぇ。





あぁだから



そんな事うだうだ言ってないで

Kakoehbosevrxoxr3oyv






さっさと買ってこいって話よねぇ

Kakoyed8f5uqdpexe2l8






そもそも一本しか持ってないって

そんなトコだけフレッシャーズのまま。









言葉のあれこれ





カメラを『写真機』

ノートを『帳面』

そんなふうに言う人を

もう、見なくなった。





☆     ☆     ☆





先日病院の待合室で

中年男性二人の会話を耳にした。



A 「お前も通ってたのか~どこが悪いの?」

B 「尿酸値がどうこうとかで・・・薬貰ってるんだわ」

A 「俺も一緒だよ!二人してツーファーかぁ」

・・・

痛風を、ずいぶんカッコ良く言うもんだと笑いを堪えるのに必死。





☆     ☆     ☆





ご近所のおかみさんに、お友達と行く小旅行の

“旅のしおり”みたいな物を打って欲しいと頼まれた。



パソコンを使わない方も多いので

私なんかにお声がかかるわけだが

お安い御用なのでお引き受けする。



65歳前後の、そのおかみさんが

『ワープロで作ってくれないかい?』

とおっしゃったことが印象に残った。



ワープロって、見ようによってはパソコンより

ずっと実用的だったのかも知れないなぁ。

生き残っても良かったのにね。





☆     ☆     ☆





“巻き戻し”の意味を知らない若者がいると

このあいだ話題になっていたけれど

とっさに浮かんだのは大江千里の『回転ちがいの夏休み』。



何がどう“回転ちがい”なのか

これも分らなくなってしまうのだろうなぁ。









土産のふくさ餅おいしゅうございました





連休を利用して北海道旅行に来た友人と久しぶりに会った。



この時期東北海道はなんにもないよ~と事前に言ったら

『なにもない所に行きたいから、いいの』

とのことで

・・・

悩みでもあんのかと心配したが、至って元気で良かった。



『無事に帰宅しました、現実に戻らなきゃ!』

とメールが届いて

“会うまで、ちょい心配したんだから(笑)”

と返信したら

『移住した人が何言ってんだ、こっちのセリフ!』

と返ってきて完全に藪蛇。





☆     ☆     ☆





久しぶりと云えば

十年ぶりぐらいに膀胱炎になった。



会社員の頃を思い出す、懐かしい不快感。



いやぁ~長く会わなかったけど、どうしてたの?

と声をかけたくなるような・・・友人と膀胱炎を一緒にすんな!





☆     ☆     ☆





更年期障害とは言えないのかも知れないが

最近このテの感覚的な変化が著しい。



例えばワンコの水を入れ替えようとして

シンクじゃなくゴミ箱にジャバーッ!とあけてしまい



“今、凄く自然だったよなぁ

心が透明になってた・・・これって無の境地?”



とか、いちいち感心してしまったり。



それより水をなんとかしろ!



あぁ、打ってて気づいたけどコレ

赤瀬川原平さんの書いてた老人力じゃないか?



更年期をすっ飛ばして老境か・・・悪くないなぁ

むしろとってもラクで楽しいのが、ちょっと怖いような

そんな五月でございます。










« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ