« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

猫に言われるようでは

  


   



   飼い主ヒマそうねぇ

Kakodczdfonllujnqbfm





外は葉も散り果て

寒々しい風景。






本州はこれから紅葉シーズン

みなさんのブログで拝見するのが

今からとても楽しみ。





あぁ、春の本州はこんな気持ちかな、と。

桜がこれから咲くのか~いいなぁ、なんて。






札幌に行く前に

見とけば良かったと思った

コンパクトデジカメで楽しむ秋の紅葉撮影テクニック  


ポイント押えて使えるアドバイスが出ています

宜しかったらご覧下さい、私は来年リベンジです~










ミケは優しい






なかなか撮れない猫を



やっと捉えたと思ったら



Kakoycmlcviphozqaxha







背景が洗濯カゴという・・・





あ~あ・・・とヘタリこんでると



心配顔で

Kakouinxw0rdgjlcmbmo







ミケが来てくれる



お前ほんとオカンみたいな猫だなぁ。










効果には個人差がありすぎます






パッケージなんかに



キャットニップ入りのオモチャで
 

猫ちゃんリラックス♪


とか書かれているが






      だいじだいじ・・・

Kakoexcnvrngttz35akj



正しく使用する猫もいれば







   すんすんすん

Kakozwrjnfty2izjiv48







          シャアァァーッ!

Kakoshnkbvj4hdkfqzgo





いきなり戦闘スイッチが入るのもいて

一般論の限界を知る宵。










苦み走る日々






万年ダイエッターなわけですが

えーと去年末は・・・体脂肪率20%切りに

血道を挙げていたような記憶。





地縛霊写真で分る通り、私の場合BMI値が低くて

かつ痩せていないと云う、最悪のパターン。





筋肉量と骨量が少なくて体脂肪が多いアレですよ。

なので今年も11月から強化月間に入って

昨年と同じ所まで持って行こうと

久しぶりに体組成計に乗ったら






   ぶっ壊れてた

Kako7j06uu6naej9zzof







電池切れでもなかった・・・まだ数年なのに。





とりあえず新しいの買うしかないが

そんな役に立たない話ばかりでもアレなので

この食欲の秋、私が食べ過ぎ防止に活用している



Kakoyo3rathuehqxnw41





チョコレート効果 カカオ95%をご紹介。





無駄に何か食べたくなったら、コレを一つ・・・

渋い・・・

苦い・・・

溶けない・・・

舌がシワシワになったような感覚・・・

それに耐え、敢えてゆっくり味わって

食べ終わるまでお茶は飲まない!

あら不思議、無駄食べ欲求が消えている。









植物園で会った婦人






    ちょっと・・・

 

  また出番ナイわけ?

Kako3kvwv2fejbocrkz2





すまん、札幌編これで最後だから許せ。






北大植物園で写真を撮っていたら

Kako8z3419qznnih54pd





「きれいだものねえ」と

声をかけられる。





振り向けば七十前くらいの、品のあるご婦人

見たところお一人のようだ。





どちらからお越しですか?と尋ねると

千葉からで、間もなく帰りの飛行機の時間だと言う。

それではお気をつけて・・・と終わるはずが

私の目は婦人の耳飾りに釘づけになった。





金色の小さな猫が、ミョ~ンと伸びて

片耳に二匹・左右で四匹揺れている。

イミテーションには見えない造りだ





猫、お好きなんですねと言ってしまった。

「ええ、大好きで、昔それは可愛い子を飼っていました」

そこから、婦人の身の上話をお聞きする流れに。





この植物園には、ずっと昔に来たことがあった。

有難いことに、自分の親も夫の親も百歳前後まで

長生きしてくれて、幸せだったが

数十年、旅行は出来ない暮らしが続いた。

その役目が終わって、ご主人が

“俺が倒れたら、お前はまた動けなくなる

今の内に行きたい所へ行っておいで”

と言ってくれて、真っ先に思い付いたのがここだった。

昔確かに見た覚えのある大樹が

今でも繁っている事に心が震えました、と。



Kakos5wfavelfuqurylx





和顔施、と云うものだろうか

終始穏やかな笑顔で話す婦人の瞳には

しかし、ずっと涙が浮かんでいた。



Kakohqoyterleerbpyag







若き日の旅の思い出

逝ってしまった者たち

夫の優しさ

そして今ここに居る自分と木々

そういった全てを照らす紅葉。





ご主人が倒れる前に

是非また来て下さい、なんて

思えば失礼なことを言ってしまったが

婦人は笑顔のまま

再訪を約して去ってゆかれた。





☆     ☆     ☆





ここには温室があり

Kako9yezchbsbcfnpede






頑張っているのは分るが

Kakoimmbcilqv9lsc6xd







バニャーニャとか無理過ぎないか。





休憩スペースの壁には

富山県中央植物園のポスター

Kakoktzqir71nkoptv88







凄い・・・やはりこういうのは

恵まれた土地に任せた方が良いのだなぁと

一人頷く午後。









さだまさし「第二楽章」の聴き方






趣味性の高い話は

関心のない方には退屈。

お好きな方だけ読んで頂ければ・・・

って割り切りも、ありだと思う。





しかし私としては、折角のお立ち寄り

やはり目を通して貰えたらうれしいなぁと。

Kakopnkuqih92dgy9haa







そのためには、いくら思い入れがあっても

長々書いてはイカン。

なるべく簡潔に

サササーっと読めるように・・・とやってきました。





が、今回はちょっと端折れない部分が多く

かなり鬱陶しい内容になりますので

ホント、お付き合い下さる方には感謝でございます。





☆     ☆     ☆





まずアルバム第二楽章について

Kakoa0ukrxlqydzzgsno







コチラをお求めになるのは

ちょっと待って下さい。

久しぶりに聴く方には

パンチ不足に感じられると思うからです。





これより先に

天晴 オールタイム・ベスト

Kakoax7qpor011yenar3





こちらをお勧め致します。

名曲が網羅され、相当なお買い得品

勿論、既知の歌も沢山入っているわけですが

今改めて聴くと

「こんなに凝った歌だったのか」と

新たな発見に驚くことの多いベスト盤です。





そしてこの、さだまさしの財産とも言えるものを

さださん自身が

「ここまでは自分の第一楽章に過ぎない」と





かなり無理をして

とても強がって

自らを鼓舞して

出したのが新譜の「第二楽章」





ここからまた、新たな挑戦を始めるという

決意表明のアルバム。





その勇気、買った!と思える方に

聴いて頂ければ良いのだと思っています。





このことで思い出すのは

「虹 ヒーロー 」

伝説の向う側に逃げ込むチャンスは

いくらでもあったのに

まだ歌い続けるさださんに拍手。





☆     ☆     ☆





コンサートは

かなりメッセージ色の強いものでした。





反戦だけでなく

リニアモーターカーを例にとり

ミヒャエル・エンデのモモ

時間泥棒を思い出すと言い



「いろんな事が便利になった

でもそれは本当に必要な物なのだろうか



盲目的に速さや快適さを求めるあまり

却って余裕を失くし



こんなにも地球全体を汚染し・枯渇させて

僕たちは自ら破滅に向けて走っていないか」





移動には時間がかかるもの

夜は暗くして寝るもの

夏は暑く、冬は寒い

そんな当たり前を過剰に避けようとする

その矛先が向かうのは・・・。





☆     ☆     ☆





歌に関しては

決して余裕のある、安定した歌唱ではなく

厳しい音もありました。





それは衰え、というよりも

「保険をかけて楽に歌えるアレンジに変えない」

矜持と受け取りました。





やる前から逃げるのではなく

「声の出る出ないは賭けだ」

とでも言わんばかりに、全身で精一杯の歌声を

響かせる姿は、本当に潔く恰好良かった。

また機会があれば、私は行きたい。





最後に余談

さきに記した天晴オールタイムベスト収録曲には

私がさだまさし好きになった切っ掛けの歌

「天然色の化石」が入っていて驚いた。

五億年後の、次の人類は

私たちの化石を発見して

何を思うのだろうか

心から知りたい。










札幌歩くなら






札幌での空き時間には



Kakoliv5byhza4ahls5q_3







あちこち歩きます。





北大キャンパスとか

Kakoufmide3ynii4xjke_3





学食とか

Kakokizldmlv5aza03uq_3







北大植物園とか

Kakouo5zwcdimyhdmc6t_2







・・・ってすみません!





私にとっての札幌は

北大と

紀伊国屋書店と

大丸デパート地下食品売り場が全てで

もうそれだけでお腹いっぱいなのでした。





観光スポットは他に山ほどあるわけですが

札幌にお越しの際は是非北大・関連施設へ



Kakoukfiq6zohtsjsmff_3





お立ち寄り下さい。





自然豊かなのはいいけれど

Kakohbkm1vnphyogutsj_3





あともう少ししたら

Kakosiekk6fwrxqqy9mj_3





アンコールワットみたいな

Kakoar61ppezakyoblzp_3





遺跡になってしまうのでは。





学食は11時から13時を外して

遅めのランチタイムなら全く問題ありません。





キャンパスは広く

徐行ながらも頻繁に車が通るので

撮影等で立ち止まる時はお気をつけ下さい。





長くなってしまいました

また次へ続く・・・はず。










さだまさしコンサート札幌






さだまさしコンサートツアー 2014~2015 第二楽章

10/23 ニトリ文化ホールに行きました。





以下にセットリストを記します










1 遠い夏(シネマバージョン)

2 残春

3 さくらほろほろ

4 十三夜

5 茨の木

6 家路

7 精霊流し

8 案山子

9 北の国から(川の流れのようにmix)

10 豆腐が街にやって来る

11 長崎小夜曲

12 広島の空

13 たいせつなひと

14 黄昏迄

15 君は歌うことが出来る

16 死んだらあかん(アンコール)






会場に貼り出された曲順の中に

なぜか“秋桜”が入っていましたが

歌ってません~





単純な間違いと思う一方で

これもなんかのボケだったりして・・・と

思わせてしまうのがさだまさし。






胸ポケットに

コピーしてきた花子ちゃんをしのばせて



Kakofw98k2duzl8xkz2s






聴いてきました。

感想など、追ってまた書かせて頂きたいと思います。









怪しいもんだ






霜が降りるかという時に

Kakocosjnxoragtb8mdr





ほおずきが実ったり






クロッカスが乱れ咲いたり

Kakopbgfudopsprvctkq







何だかこっちまで

冬支度にエンジンが掛らないじゃないの・・・って






 言い訳選手権

  東日本代表になれそう

Kakoxkmt3oagjkds8zqn






冗談よ~ちゃんとやりますです。









松本英子さんを勝手に宣伝






だいぶ以前に



Kakofokii0igcx3tuwsp





松本英子さんの漫画「ウチのハナちゃん」を

ご紹介したことがありました。





そのハナちゃんが、今春旅立ち

この漫画も最終回を迎えました。





見送ったあとの松本英子さんのお話しが

Photo






巻末近くの見開き2ページに描かれています。



立ち読みでいいです(コラ)

お気が向いたらお手に取ってみて下さい。





独特のタッチですが、私はこの方の漫画が好き

最近「謎のあの店」二巻が出ました。





一巻

Photo_2







二巻

Photo_3







ウチのハナちゃんを見て、いいな

と思われたかたには、こちらもオススメです。









北海道からひとこと






温帯低気圧に変わっても






          雨は降るし

Kakok0o15dxytkpxc1oc






    風も吹くんだよぉぉぉ!

Kakocjsykddhnukdxkba





渦中に“もう終わった”みたいな報道

ますますお上をアテにしなくなる道民

ついでに峠も凍ります。









私信






大きな台風、お障りはなかったでしょうか。

こちらでも深夜、雨音で目が醒めました。





こんな所で暮らしていると

Kakoa5kmsivvwwozae2j







理屈じゃなく

自分もみんなも

いつかは海に還るのだと実感されます。





さだまさしの『青の季節』をイメージした海を

撮りたかったのですが晴れず

次はもっと明るい海を撮りますね。









ナナマル試乗






日が経ってしまいましたが

復刻ランクル70に

二日連続で試乗しました買う気もないのに。





“けなすなら書かない”がモットーの当ブログですが

一体どこを褒めれば良いのか。





悪路走破性、メンテナンスの容易さは

確かに魅力ですが

こういう土地では、長時間・長距離走になり

ある程度の乗り心地と居住性がないと辛い。

まずそこでアウト、トラック並みでござんす。





MTのみなのは、性格上仕方なかろうが

プレミアムガソリン推奨で燃費6.6km/ℓとは

時代に逆らうにもホドがあろうが!





・・・と、何でそんなに文句言いながら

二度も乗りに行ったのか、それは

久しぶりに

運転してるなぁ

あぁ、昔の車ってこうだったよね

懐かしーたのしー

かったからです。





うーん、私の想像する

この車の購買層は

そこそこの余裕があって

普段乗りにはセダン

セカンドカーでジムニーを持っているけど

もっとランクアップしたいのよね

みたいな方々ではないかと。





一定年齢以上になると(たとえば44才とか)

“遊びの要素を持った車選びは、これが最後かも”

ってな気持ちが見え隠れして来るもので

それなら思いっきり大きく針を振り切ってしまえ!

と思った方には、またとない車だと言えそうです。










冬になるとさだまさし






友人からの便りに

「鉢植えのコスモスがキレイに咲いています」

とあって




Kakopu33gxgdq0f4ozag







しばしフリーズしてしまった。






当地ではもう終わってしまったコスモスだが

地元の人はみな

「どこかからコボレ種が飛んできて

どんどん増えちゃうんだよね」

と困り顔、とにかく隙間があれば根を張るので

ほとんど雑草級の、でも可愛いから除草できない

困った存在なのだ。






「鉢植えかぁ・・・」

扱いの落差に驚きながら、いきなり思い出す

さだまさしの“デイジー”






あれがなぜ“鉢植えのデイジー”だったのか

今やっと分った

二人で大事に育んでいた物の

象徴だったんだな。






馬齢でも重ねれば

知るものもあると感じた初冬。










« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ