« わたしの すきな もの 福岡伸一 | トップページ | 犬用 馬用 人用 »

春の一歩まえ






ふきのとうでも
そろそろ出てやしないかと
ぽてぽて歩いてみるが
行けども行けども白い雪原。





次第に自分が
風流なんだか
遭難してんだか
曖昧な感じになって
手ぶらで戻る。





あ~こんな時、かならず思う
“野生動物って偉いもんだ” 





ここのかーちゃん
ドングリ一つも持ち帰れないよ





カリカリって凄い発明なんだから!
Kakofz5tlzh5fnkdu59j_2





ホントだよ!ありがたいよ!



*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*




子供の頃
『野生の王国』 みたいなTV番組を
よく観ていた。





制作意図とは違っていたかもしれないが
どうしても
“平和に暮らす草食動物を
惨忍に襲う肉食動物” って印象を
受けてしまった気がしてならない。





自然界には、
適者生存の法則があるだけ
善も悪もないと知ったのは
大人になって後。





根雪が融ける今時期
少し山に入ると
エゾシカの亡がらに出くわす。
なにせ大きいし、ギョッとはするが
ロードキルのそれとは、やはり違う。





冬を越せなかった者達を
山は静かに抱いて
芽吹きの養分へ変える。
そして春
新しい命の糧となり
世界はまた、循環してゆく
そこに正邪が
あるはずもなく。








« わたしの すきな もの 福岡伸一 | トップページ | 犬用 馬用 人用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2019年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ