« 打ちまくる日々 | トップページ | 春の一歩まえ »

わたしの すきな もの 福岡伸一






【わたしの 不得手な もの】





タマネギ・じゃがいも・トウモロコシ

そういうメジャーどころに隠れているが
北海道ではビート(甜菜)栽培も盛ん。





僻地の小さな食料品店にも
派生商品が多種並び
自分で買わずとも
頂きもので間に合うぐらい。





深く考えることもなかった、ある日



「オリゴ糖にもイロイロあるのよ
お勧め品を持ってきてあげる」



と言っていた知り合いから



「これ使ってみて!
妊婦さんや赤ちゃんにも安全なの!」





え・・・・・





Kakowjbrkmwqilxerb96



左が自前、右が彼女のオススメ。





「妊婦さん・赤ちゃん」 と聞けば
もう反射的に



“いやいや、私そんな大それたもの
頂くアレじゃないから!
道端のさ、クローバーの蜜でも
チューチュー吸ってれば充分だから!”



と思ってしまう
それぐらい自分には未知で
畏れ多い分野、出来れば敬して遠ざけたい。





ワンコの写真も難しく





Kakory1tl9swlo59b3m0





腕の悪さを嘆くばかり。





コチラも当初は





Kakoxevnmdd4793soxlz



読むつもりはなかった。





エッセイならば
新たな知見も期待するべきじゃないし
何より 《婦人之友》 に連載されていた物で。





婦人之友・・・・・
どこかの待合室で表紙を見た記憶はあるが
手にとったことは皆無。





重要だけれど、自分の苦手なことが
こと細かに書かれているんだろうなぁ。
そこから学ぶ、よりも
目を背けて逃げる方が
劣等感を持たずに済みそう・・・
そういう空気をバシバシ感じていた雑誌。





しかし年齢を重ねる利点として
良くも悪くも、自分が確定するって事もあり。





今更そんな、劣等感だの優越感だの
あったとしても気にもならない地平にいて。





読んでみたら、なかなか良く。





それこそもう、ドノくちが言う、ですが
男の子を育てあげた方に
特におすすめかなぁと。





世の中、子育ては割りに合うか、とか
○○な子にする育て方、とか
家事を労働に換算すると、とか
自己実現とか
専業主婦は、とか
産まずに楽して、とか
なんだか息苦しいと言うか
まぁ余計なお世話の多いこと!





そういう淀んだ空気を
ごくシンプルに清浄して。





あぁ、報われるって
日常の積み重ねって
単調な繰り返しって
とても壮大なことなんだと
あとがきで気付かされる一冊。









« 打ちまくる日々 | トップページ | 春の一歩まえ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしの すきな もの 福岡伸一:

« 打ちまくる日々 | トップページ | 春の一歩まえ »

2019年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ