カテゴリー「映画・テレビ」の記事

海と映画館





海上に浮かぶ氷も

Img_6327_convert_20120206074003



だいぶ増えてきたが

Img_6325_convert_20120206073937



そんなことお構いなしに映画を観に行く。



「しあわせのパン」

大人の童話といった趣きで、なかなか良かったです。



↓ テーマソング〝ひとつだけ〟矢野顕子・忌野清志郎 ↓

http://www.youtube.com/watch?v=IjJvm09WFQ8



演奏は2分30秒ぐらいから始まります。

Img_6334_convert_20120206074337











しあわせのパン





オール北海道ロケ 『しあわせのパン』 公式ページ ↓こちら↓

http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/index.html



忌野清志郎さんの歌声が嬉しい。

春夏秋冬、美しい風景映像にも期待。









映画 ライフ





BBC制作のネイチャードキュメンタリー



「ライフ」を見てきた

Img_6967_convert_20110907091603



「どうやって撮った?」というのは後で考えるとして

まずはドップリ映像に入り込むのをおススメしたい。



象の群れに加わったり

鳥になって空高く飛んだり

広い海を縦横無尽に泳いだり



自分がそんな生き物になった気がするほど

すばらしいカメラワーク。



アッテンボローさんの番組を、かじりついて見ていた

元・コドモの皆様、是非映画館へ。








映画 『 ライフ いのちをつなぐ物語 』





BBC制作の ネイチャードキュメンタリー 

『 ライフ いのちをつなぐ物語 』

予告編は ↓こちら↓ の公式ページから

http://onelifemovie.jp/site/index.html#

※ 音声にご注意下さい




これは是非観たい、更に

主題歌がミスチルの




             『蘇生』 !

Img_1310_convert_20110629194041



いやもう言うこと

Img_1364_convert_20110629194110



なんもないっス

Img_1394_convert_20110629194135





  九月一日公開を寝て待ちます!

Img_1408_convert_20110629194201

















「星守る犬」 来月上映






予告映像 ↓ こちら ↓ ※音声にご注意下さい

http://toho.channel.yahoo.co.jp/index.php?itemid=35

エラーが出る場合には 「 更新 キー 」






昨年11月にも取上げた本作。

(過去記事はコチラ → http://es-es-es.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-fe14.html )



その後大きな災害があり、動物との暮らしについても

いろいろと考えることの多い日々、公開が待たれる。





役所広司さん





かなり好きな俳優さん。

エビスのCM60秒 ↓こちら↓ ※音声にご注意下さい

http://www.sapporobeer.jp/yebisu/gallery/viewer/viewer_gold01.html?@videoList.featured=783986681001

森が幻想的







     同好のあなた様!

Img_7670_convert_20110510194434



壁紙もあります ↓こちら↓

http://www.sapporobeer.jp/yebisu/premium_club/wallpaper/index.html










showken-fun 様

12/25にTVドラマ 「傷だらけの天使」 について

拙い日記を書きました。

懐かしさにかられて綴った、語彙の貧しい文章を

大変深いショーケンファンさんが読んで下さいました。

もう 【恐縮】 の意味を実感し

顔が真っ赤になっております。

showken-fun様のショーケンワールド

『未来を夢見てる ~日陰の映画が好き~』

http://ameblo.jp/showken-fun/

傷天にピンと来る方、必見です。

映画のど自慢

第一作はとても面白かった。

二作目の ~ビッグ・ショー ハワイに唄えば~ 

こちらはそれ程期待せずに観た。

どんなシリーズも、一作目を超える物は稀だろう。

コメディとしての出来は、やはり及ばない。

ストーリー展開も少々苦しい。

しかしこちらの眼目は笑いではなく

「都はるみの凄さ」 だった。

エンドロールの 「好きになった人」

このシーンだけでも、観る価値アリ。

特に関心の無かった演歌。

都はるみのステージは、一度行きたいと思う。

ハワイにも行きたいねぇ・・・

Img_8639_convert_20101227124543


       エッ ?

Img_7449_convert_20101223090937_2

       ハワイ ?

Img_7378_convert_20101223090900


寝言は・・・       寝てから・・・

Img_7434_convert_20101223091018

      言えっつーの

Img_8197_convert_20101226142333

牛乳と相棒

北海道に移り住んでから、牛乳を飲むようになった。

Img_8092_convert_20101224143757

○。.:o.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─.o:゜。
゜o 。                                                      
o○o
牧場のレストラン 「ファームデザインズ」 さんの牛乳瓶 o○o
。 o゜                                                      
○。.:o.。─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….o:゜。

アナーキーな乳牛が目印です。

学校給食と無縁になってから、飲む機会が減っていた。

こんなに旨かったのか・・・勿体無いことしてたなと思う。

☆.。.:*・°☆─────────────────────☆

毎号購読している雑誌の一冊、スペリオール。

「相棒 ~たった二人の特命係~ 」 も連載の一つ。

TVドラマや劇場版も好評だと聞くが、残念ながら観ていない。

杉下右京役は水谷豊なんだね。

年齢以外は、原作イメージにかなり近いんじゃないの?

・・・と言いながら、何か引っかかる。

水谷豊 = 知的なデキル男ってイメージは、いつからだろう。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ああっそうだ!

きっと 「熱中時代」 からだ。30年以上昔じゃないか。

いったい何に引っかかってるのか?

TVドラマ 「傷だらけの天使」 乾亨(イヌイ・アキラ)役だ。

頼りないけど純情で優しいアキラ。

萩原健一扮する木暮修(コグレ・オサム)を慕って

「兄貴ぃー!」 と呼びかける、お決まりのシーンがあった。

あのイメージが強く、明晰な切れ者・杉下警部とのズレを感じる。

「傷だらけの天使」 と云えば、オープニングのショーケン映像。

新聞紙をナプキンに・トマトやコンビーフを齧り、牛乳をガブ飲み。

すべてがカッコ良く見えて、真似をする同級生がたくさん居た。

もちろん、私もやりました。水中眼鏡をはめて寝た。

アホなガキどもめ・・・みんな今頃どうしているのだろう。

アキラはあんなに偉くなったけど、私はちっとも成長していない。

不器用ですから

まんべんなく撮ってやりたいと思っても、相手は動物。

名前を呼んでも背を向けたまま

Img_5250_convert_20101210144412

耳だけパタつかせて返事する横着者を

どう撮れゃいいんだ

Img_5248_convert_20101210144451

【 映画 野生の証明 】

ザ・カドカワとしか言いようがないストーリー。

わざわざ人に勧めたりはしない。

数年に一度、ひっそり借りて観る。

高倉健のカッコ良さ。

薬師丸ひろ子の不思議な存在感。

あまりにも大掛りで、却って現実味を欠く演習シーン。

町田義人の主題歌 戦士の休息。

この四点にシビレる。

台詞は薬師丸ひろ子の「誰かがお父さんを・・・」が有名だが

私はラスト近く、高倉健がトンネル内で

「千葉の伯母さんの家へ行くように・・・」と言い

紙幣を数枚渡そうとするシーンにグッとくる。

ヘリと戦車を向うに回して、電車賃。

それに続くクライマックスを、より忘れ難いものにしている。

名脇役という言葉があるが、これは名脇場面とでも呼ぶべきか。

また観たくなってきた。


♪ 無理に 向ける この背中を

    見られたくは ないから

2019年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ